Event

Wind Produceでは、ライブイベントを中心に、様々なイベントの制作・運営を行っております。

また、ライブイベントの音響エンジニアの派遣や、イベントスタッフの派遣も行っております。

イベント制作事業

Wind Produce制作イベント
 ~ブッキングライブ~

Wind Produceのブッキングライブは、アーティストだけでなく、イベントそのものにも価値があるイベントを目指しています。

アーティストが「このライブだからこそまた歌いたい」、お客様が「このライブだからこそまた行ってみたい」、そう言って頂けるようなイベントづくりを目指しております。だからこそ、コンセプトや想いの共有を大事にしたイベント制作を行っておりますし、ただバラバラにアーティストが歌って終わり、という、よくあるブッキングライブの制作は、絶対にしません。

イベントそのものにファンがつくのが、Wind Produceのイベントの特徴です。

アコギの響きに想いを乗せて

New Generation Artists

絆をつくるライブパーティー
「Wind Music Party」

思い出の1ページ

Wind Produce制作イベント
 ~ワンマンライブ~

Wind Produceは、所属アーティストのワンマンライブも制作しております。

ワンマンライブは、アーティストにとっては大きなチャレンジの場所になりますし、お客様にとっては、自分の好きなアーティストの歌だけを、たっぷりと聞くことができる、「最も満足できるライブ」になります。よってWind Produceは「ワンマンライブ推し」を公言しており、周りのアーティストにもこの考えを広めています。

西下友朗Birthday Live

1年で最も大切なライブ

私たちWind Produceが最も大切にしているイベント、それがバースデーライブです。お客様にとっては、お祝いする日かもしれませんが、西下友朗はワンマンライブを「最も感謝を届けたいライブ」と言っています。

1年の成長をお客様に見届けていただき、最高に楽しんでいただくライブ、それがバースデーライブです。

ミニワンマンライブ

Wind Produceでは、お客様にとって気軽に参加できるミニワンマンライブもご提案しております。

人気企画の「西下友朗の生音Acoustic」は、日曜日のお昼に、カフェで行うワンマンライブです。音響機器は一切使わず、アコギと生歌だけで届ける、新感覚の「耳を澄ませて楽しむライブ」で、癒しと静寂のひとときをお届けするライブです。

スタッフ派遣

事例紹介

FOLK GALA SQUARE in Zepp Tokyo

2020年1月28日開催

FOLK GARA SQUARE(フォークガーラスクエア)は、アコースティックアーティストたちが集うライブイベントです。2020年1月にZepp Tokyoにて開催されましたFOLK GARA SQUAREに、Wind Produceより3名のスタッフを派遣いたしました(音響スタッフ2名、会場スタッフ1名)。

エンジニア派遣

音質と感動をワンランク上に

Wind Produce代表の梶直哉は、数多くの場所で音響のプロフェッショナルとして活躍しています。ライブイベントはもちろん、舞台音響や発表会まで、様々なものに対応可能です。

Wind Produceでは、「繊細でダイナミック」な音響を目指しております。ライブイベントでは、ライブハウスでよくあるような「爆音」にはせず、繊細で心地よい音環境を目指します。それに加えて、曲の盛り上がりやセットリストの展開を考えて、アーティストとお客様の「心の盛り上がり」に合わせ、音量を変化させていくことにより、繊細さとダイナミックさを両立した音作りをしています。