前を向いて歩きたいなんて、
よく言われているけども、

後ろを向いて歩いている人は、
世の中あまり見ないね。

というかどこかにぶつかりそうだね。

 

どうもプロデューサーの梶です。

 

最近はいつも、
いろいろ不安や、
がっかりや、
いろんなものがある世の中。

 

僕の制作するイベントも、
延期になってしまいました。

 

あーあ、
とは思いましたが、
一瞬よくわからない感情にもなりましたが、
特に僕は沈んでませんのです。

というのも、
それはまたいつかできること。

 

そして僕らは、
人々を幸福にすることを、
止められたのではなく、
単純に仕事が伸びただけ。

やれることをやろう。
それだけのこと。

 

仕事は無くなっても、
進むのをやめる理由にはなりません。

そんなことを気づかせてくれたのは、
なぜか自分自身の言葉でした。

 

ふと去年僕の卒業した大学で、
講義をしたDVDを取り出し、
なぜかそれを見たくなった。

 

開始数秒でわかったことがあって。

 

それは今の自分とは違う、ということ。

 

あれ、あの時の自分って、
こんなに明るく未来を見てたんだ。

 

あんまり変わってない気でいたけど、
今はすごい重りを担いでいるせいで、
顔が少しつらそうな感じかな?

あの日の自分が、
少しかっこよく見えた。

 

過去の自分なのにね。

何が違うのかな?

そう思った時には、
自分の言葉が答えをくれました。

 

ーーーーー

 
どんなに小さいことでもいいから、
僕は常に新しいことに、
必ず挑戦するようにしてます。

 

ルーティーンで仕事をしてはダメだと思うんです。
それってきっと、
気づきの無い、
緩やかな停滞だと思うので。

 

ーーーーー

 

あぁ僕はきっと、
世の中が元通りになる日や、
今まで通りやれる安定した日々を、
ただ待ってただけで、
なにも動こうとしてなかったんだなぁ

 

僕の本当の敵は、
よくわからないウイルスでも、
頭の悪い政治家でもなく、
よくわからない生活制限でもなく、

 

進むのをやめた、

 

自分自身だ。

 

さぁ立ち上がろう。
でもどこへ向かえばいい?
それでいいんだ。
前を向けないことはない。
だって自分にとっての前は、
今、自分が向いてる方向だ。

進めばいいだけだ。

もしかしたらちょっとだけ、
道が違っても、
寄り道もありだよね。

来た道をただ戻ること以外は、
きっと前進。

だから立ち上がろう。

 

そんな思いを持ったのは数日前。
イベントがなくなった6/4(金)は、
きっと何かをするためにある。

与えられた締め切りが、
伸びてしまったことは、
きっといいことに変わる。

 

変えられる。

 

きっと僕は7月の、
イベントを延期した日にいうだろう。

 

延期してよかったぁ!

 

おかげで少しだけ前に進めるね。

さて6/4は、
西下友朗とYouTube生配信を行います!

場所とお金に制限があるせいで、
カメラをまわせないけども、
ラジオ配信でやるので、
よかったら聞きにきてね。

どんな配信にしようかなぁ。

きっとたくさん語りたいことがある気がするな。

かじ

カテゴリー: かじPのぶろぐ

PAGE TOP